YEGについて

商工会議所青年部(YEG)とは

「YEG」(若き企業家集団)とは商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,GeneraListを表している。
◆綱領
商工会議所青年部は
地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い
次代への先導者としての責任を自覚し
地域の経済的発展の支えとなり
新しい文化的創造をもって
豊かで住みよい郷土づくりに貢献する
◆指針
われわれ青年部は
一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう
一、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう
一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう
一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう
一、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ 力を合わせ 国の礎となろう

加賀YEGとは

 商工会議所青年部(YEG)は、次代の地域経済を担う若手経営者・後継者の相互研鑽の場として、また青年経済人として資質の向上と会員相互の交流を通じて、企業の発展と豊かな地域経済を築くことを目的としています。活動の中心は、あくまでも企業経営の勉強の場であり、交流を通じて企業の発展を図るとともに、商工会議所活動の一翼を担うという役割です。

加賀商工会議所青年部は、平成5年4月に創立され、さまざまな業種の方々が入会しております。加賀市の活性化を考え、経済人としての人格・教養を身につけ、経営能力の向上と交流会などを通して会員相互の啓発・親睦を目的にさまざまな活動を続けています。

本年の代表的なイベントとしましては、「ジュニアエコノミーカレッジ」(以下、ジュニエコ)を開催します。ジュニエコとは商売体験を通して、「自ら決めて行動できる人材の育成」プログラムであり、小学校5、6年生が1チーム5名で模擬株式会社を設立し、計画、仕入れ、製造、販売、決算までの一連のサイクルを体験するものであります。商売の仕方、利益の出し方、ひいては起業家精神を地域の経済人(=商工会議所青年部のメンバー)が教える事業であり、各地で行われています。昨年度好評であったため、本年度も引き続き第2回目を行う予定です。
また、加賀市民の郷土に対する認識度強化とおもてなし意識の高揚のために、親会が中心となって組織している「ふるさと検定実行委員会」と共に、「加賀ふるさと検定」づくりを行っています。その中で青年部主催として、従来の検定には無い「おもてなし」をキーワードに実地講座(「加賀おもてなし講座」)を実施し、加賀市を訪れた方に加賀の名所・魅力を地域住民一人一人が案内出来、もてなせるようになるようになるため、市民自らがこれらを再認識できるよう「気づき」と「学び」の機会を提供しています(全3回実施予定)。
この他、加賀市産のぶどうを「加賀ぶどう」として加賀市内外の方に広く認知いただけるよう、JA加賀やぶどう農家、製菓店等と協力し、地域ブランド化を推し進めています。

事業者である以上、本業第一であることは大前提ですが、時間を調節して青年部に参加することで. 新たな自分と出会える第一歩になることは間違いありません。是非私達と一緒に活動しませんか?仲間との活動を通し、様々な出会い・気づき・自己研鑚・楽しさ感動を共有しましょう!